ものもらいの写真・画像

ものもらいはうつるの?


ものもらいの原因は細菌です。
ですから、人から人に感染することはまずありません。

ものもらいの原因になる細菌はブドウ球菌という、人間であれば粘膜や皮膚に誰でも持っている常在菌です。

ですから、親御さんから赤ちゃんにうつることもありませんし、学校のクラスメートや職場の同僚からものもらいをうつされることもありません。

ものもらいの原因はウイルスではないことを覚えておいてくださいね。





ものもらいがうつることはありませんが・・・

しかし、ストレスや疲れがたまっているなど体力が落ちている時や、真夏の暑い汗をかく時期には誰でもものもらいを発症しやすくなります。また元々ものもらいになりやすい体質の方もいます。

言ってしまえば、口内炎などのようにいつでも誰でも起こしてしまう症状ですから、自分自身が発症してしまわないように気をつけておきましょう。

はやり目なら感染する

ものもらいは人にうつりませんが、はやり目の場合は人にうつります。

・急性出血性結膜炎
・咽頭結膜熱
・流行性角結膜炎


この3つがはやり目です。

はやり目に感染した場合には、職場・学校は休む必要があります。
また家庭ではタオルなどを共有することは厳禁です。

乳幼児がはやり目にかかった場合は炎症が急激に悪化することがありますから、病院受診は当然のこと、早期に治療を行いましょう。



Copyright(C) 【ものもらいの治し方】-原因・症状・治療法など Allrights reserved.